Go to Contents Go to Navigation

海水のウラン濃度「異常なし」 北朝鮮の放射性廃棄物流出報道で韓国政府

記事一覧 2019.09.02 17:12

【ソウル聯合ニュース】北朝鮮南部・平山のウラン精錬工場などから排出された放射性廃棄物が黄海に流入している可能性があるとする一部報道と関連して、韓国政府は2日、海水のウラン濃度に特別な異常はないとする調査結果を発表した。

海水1リットル当たりのウラン濃度を示す調査結果。太枠内が江華島周辺で採取した海水の数値(原子力安全委員会提供)=(聯合ニュース)≪転載・転用禁止≫

 原子力安全委員会が北朝鮮との境界に近い韓国北西部の江華島周辺の6カ所で海水を採取し、ウラン濃度を分析した結果、その他の海域やソウルなどを流れる漢江で採取した水のウラン濃度と比較して特別な異常が発見されなかった。

 原子力安全委員会によると、江華島周辺の海水のウラン濃度は1リットル当たり0.0073~0.0245ベクレルで、黄海の別の地点(0.0356~0.0372ベクレル)に比べて低く、漢江(0.0038ベクレル)よりは高かった。

yugiri@yna.co.kr

注目キーワード
スクラップの多い記事
more
more
ホーム ページのトップへ
情報をお寄せください
聯合ニュース日本語版では、イベントの開催告知、取材案内、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報をお待ちしております。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。