Go to Contents Go to Navigation

中秋節連休の人気海外旅行先 日本から東南アジアにシフト=韓国

記事一覧 2019.09.02 18:20

【ソウル聯合ニュース】日本の対韓輸出規制強化などに反発した韓国市民の間で日本への旅行自粛ムードが広がっている影響で、秋夕(中秋節、今年は9月13日)連休(12~15日)の海外旅行先に変化が出ていることが2日、分かった。

日本への旅行自粛ムードが広がっている韓国で人気海外旅行先が日本から東南アジアに変っていることが分かった(ウィメプ提供)=(聯合ニュース)≪転載・転用禁止≫

 ネット通販大手「ウィメプ」が航空券の予約状況を分析した結果、今月7日から15日に出国する人の行き先はベトナム・ダナンやタイ・バンコクなど東南アジアが多いことが分かった。

 同期間の航空券予約数1位の海外旅行先はダナン(12.6%)で、バンコク(6.5%)、グアム(6%)、フィリピン・セブ(5.4%)、大阪(5.3%)などが続いた。

 これまで人気の高かった福岡(6位)、東京(7位)、沖縄(14位)などは5位以内に入らなかった。

 昨年の秋夕連休期間にはダナン(14.8%)、大阪(13.8%)、福岡(10.4%)、東京(10.0%)、沖縄(5.8%)の順に航空券予約数が多かった。 

 今年の予約数は大阪が前年比62%減、福岡が66%減、東京が71%減となった。

 ウィメプの関係者は、秋夕連休の航空券予約は一般的に2~6カ月前に行われるが、7月以降に社会の雰囲気が変わり、多くの顧客が日本旅行をキャンセルして東南アジアに変更したとみられると説明した。

yugiri@yna.co.kr

注目キーワード
スクラップの多い記事
more
more
ホーム ページのトップへ
情報をお寄せください
聯合ニュース日本語版では、イベントの開催告知、取材案内、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報をお待ちしております。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。