Go to Contents Go to Navigation

沖縄で人命救助の韓国人消防士 「助けられてよかった」=感謝状授与へ

記事一覧 2019.09.03 14:38

【ソウル聯合ニュース】沖縄県の那覇市消防局は3日までに、同市のドン・キホーテ国際通り店で急病の中国人男性を救った韓国人消防士、チョ・ミンジュンさん(32)とチェ・ヨンギュンさんの2人に感謝状を贈ることを決めた。2人は旅行で沖縄を訪れていたという。チョさんは「助けられてよかった」と感想を語った。

チョさん(左)とチェさん(蔚山中部消防署提供)=(聯合ニュース)≪転載・転用禁止≫

 チョさんによると、6月14日午後、同店内で男性が突然倒れ、意識を失って心肺停止に陥った。チョさんらは心臓マッサージを実施しながら、店員に自動体外式除細動器(AED)を持ってくるよう要請。電気ショックなどを施し、蘇生させた。チョさんは「最初は装備がなく迷ったが、心臓停止状態になったため、蘇生を施した」と振り返った。

 2人は同期で、消防士になってから6年ほどになるという。その場にいた日本人観光客らと協力しながら救助に当たったチョさんは「男性が後遺症なく退院したとのことで、うれしかった」と語った。

kimchiboxs@yna.co.kr

注目キーワード
スクラップの多い記事
more
more
ホーム ページのトップへ
情報をお寄せください
聯合ニュース日本語版では、イベントの開催告知、取材案内、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報をお待ちしております。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。