Go to Contents Go to Navigation

「日本戦犯企業」の製品購入制限へ条例案 ソウル市議会委で通過

記事一覧 2019.09.03 20:12

【ソウル聯合ニュース】公共機関による日本の「戦犯企業」の製品購入を制限する条例案が3日、韓国・ソウル市議会の行政自治委員会を通過した。

ソウル市議会=(聯合ニュース)

 ソウル市議会では条例案を提出するためには賛成議員10人以上が必要だが、同条例案の提出にはソウル市議110人のうち、75人が賛成した。

 同条例案には日本の「戦犯企業」の定義、戦犯企業製品の購入が制限される公共機関、製品購入制限に対する市長や教育監(教育委員会に相当する教育庁のトップ)の責務と責務を果たすための基本計画の樹立、製品購入制限を文化化するための努力などの内容が盛り込まれた。

 条例案の提出を主導した市議は「日本戦犯企業の製品の使用をやめ、民族のプライドを守り、正しい歴史意識を確立するため条例案を提出した」と説明した。

yugiri@yna.co.kr

注目キーワード
スクラップの多い記事
more
more
ホーム ページのトップへ
情報をお寄せください
聯合ニュース日本語版では、イベントの開催告知、取材案内、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報をお待ちしております。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。