Go to Contents Go to Navigation

文大統領側近の法相候補任命 賛成46.1%に上昇=韓国世論調査

記事一覧 2019.09.04 10:22

【ソウル聯合ニュース】韓国の世論調査会社、リアルメーターが4日に発表した調査結果によると、文在寅(ムン・ジェイン)大統領が法務部長官候補に指名した側近のチョ国(チョ・グク)前青瓦台(大統領府)民情首席秘書官の任命について、反対するとの回答が51.5%、賛成は46.1%だった。

チョ氏は2日、娘の不正入学疑惑などに絡んで記者会見を開いた=(聯合ニュース)

 調査はインターネット新聞・オーマイニュースの依頼を受け、3日に全国の成人501人を対象に行われた。

 リアルメーターが8月30日に実施した同じ内容の調査結果(反対54.3%、賛成42.3%)と比較すると、反対意見が2.8ポイント低下し、賛成意見が3.8ポイント上昇した。依然として過半数が任命に反対しているものの、反対と賛成の差は5.4ポイントと、8月30日の調査(12.0ポイント)に比べ縮小し、誤差範囲内となった。

 チョ氏を巡っては、娘の名門大学への不正入学や奨学金不正受給などの疑惑が浮上。与野党は当初、チョ氏が法務部長官に適任かどうかを検証する国会人事聴聞会を2~3日に開くことで合意したが、疑惑に関して誰を証人として呼ぶかで対立し、聴聞会の開催は見送られた。これを受け、チョ氏は2日午後から3日未明にかけて長時間の記者会見を行い、疑惑について説明した。

 その直後に行われた今回の調査で、会見を視聴したとする回答者では任命賛成(53.4%)が反対(45.7%)を7.7ポイント上回った。一方、視聴していない回答者は反対(60.0%)が賛成(35.6%)より24.4ポイント高かった。

 また、60代以上と50代、20代、男性、保守層、中道層、保守系最大野党「自由韓国党」支持層、無党派層などでは反対意見が、30代、進歩(革新)層、与党「共に民主党」支持層などでは賛成意見が過半数または大多数を占めた。

tnak51@yna.co.kr

キーワード
注目キーワード
スクラップの多い記事
more
more
ホーム ページのトップへ
情報をお寄せください
聯合ニュース日本語版では、イベントの開催告知、取材案内、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報をお待ちしております。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。
お問い合わせ
聯合ニュース日本語版に関する記事やコンテンツ使用などについてのお問い合わせは( japanese@yna.co.kr )へ。 イベントなどの開催告知、取材要請、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報も同メールアドレスで受け付けています。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。