Go to Contents Go to Navigation

ラングーン爆弾テロの追悼碑 韓国大統領が初訪問

記事一覧 2019.09.04 21:50

【ヤンゴン聯合ニュース】ミャンマーを国賓として訪問している文在寅(ムン・ジェイン)韓国大統領は4日、1983年に同国で起きたラングーン爆弾テロ事件の犠牲者の追悼碑を韓国大統領として初めて訪れた。

追悼碑に献花する文大統領夫妻=4日、ヤンゴン(聯合ニュース)

 1983年10月、ビルマ(現ミャンマー)の首都ラングーン(現ヤンゴン)を訪問中だった全斗煥(チョン・ドゥファン)大統領(当時)の暗殺を謀った北朝鮮工作員による爆弾テロが発生し、韓国の閣僚ら17人が死亡した。

 追悼碑はテロが発生した殉難者廟(通称・アウン・サン廟)に2014年に設置され、殉職した17人の名前と職責が記されている。

ikasumi@yna.co.kr

キーワード
注目キーワード
スクラップの多い記事
more
more
ホーム ページのトップへ
情報をお寄せください
聯合ニュース日本語版では、イベントの開催告知、取材案内、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報をお待ちしております。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。
お問い合わせ
聯合ニュース日本語版に関する記事やコンテンツ使用などについてのお問い合わせは( japanese@yna.co.kr )へ。 イベントなどの開催告知、取材要請、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報も同メールアドレスで受け付けています。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。