Go to Contents Go to Navigation

中国外相 金正恩氏とは面会せず帰国

北朝鮮 2019.09.05 08:55

【ソウル聯合ニュース】北朝鮮の朝鮮労働党機関紙、労働新聞は5日、同党で外交を統括する李洙ヨン(リ・スヨン)党副委員長が中国の王毅外相と4日に会談したと報じた。同紙は王氏が習近平国家主席のあいさつを金正恩(キム・ジョンウン)国務委員長(朝鮮労働党委員長)に伝えるよう要請したと報じていることから、王氏と金委員長の面会は実現しなかったようだ。

訪朝を終え、北京国際空港に到着した王氏(中央)=4日、北京(聯合ニュース)

 王氏は昨年5月、中国外相としては10年ぶりに訪朝し、金委員長と面会していた。

 王氏の今回の訪朝は金委員長の10月の訪中を調整するためであり、面会しなかったとの見方もある。

 王氏は李氏に対し、「中国は朝鮮の同志、友としていつも共にいる」と明言。中朝親善関係を強固に発展させ、中朝親善の明るい未来をつくろうと呼びかけた。

 李氏は今年で中朝国交樹立70周年を迎えることに触れ、「伝統的な朝中親善協調関係を新しい高い段階に発展させる」と強調した。

 一方、朝鮮中央通信は王氏が4日に平壌の子供向け食料品工場を視察し、訪朝を終えて帰国したと伝えた。

kimchiboxs@yna.co.kr

ホーム ページのトップへ
情報をお寄せください
聯合ニュース日本語版では、イベントの開催告知、取材案内、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報をお待ちしております。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。