Go to Contents Go to Navigation

ソウルで見る平壌の日常 都市建築ビエンナーレで展示会

北朝鮮 2019.09.05 14:08

【ソウル聯合ニュース】ソウル市は5日、7日から11月10日まで開催される「ソウル都市建築ビエンナーレ」の行事の一つとして、北朝鮮・平壌の日常を紹介する展示「平壌茶飯事」がソウル都市建築展示館(中区)で催されると伝えた。

展示「平壌茶飯事」のポスター(ソウル市提供)=(聯合ニュース)≪転載・転用禁止≫

 「平壌茶飯事」の展示構成をみると、「平壌メディア展示」では写真や映像、メディアアートなどを用いて平壌の日常を映し出す。朝鮮王朝時代を代表する画家、金弘道(キム・ホンド)が描いた「平壌監司饗宴図」を再構成し、絵を動かして平壌の過去を見せ、現代の平壌とソウルの姿を照らし合わせる。また、現在平壌で販売されている日用品などを展示し、同じような用途の韓国の商品も並べる。

 「トークコンサート」は各分野の専門家や北朝鮮脱出住民(脱北者)、市民らが参加し、平壌の日常について情報を共有したり討論を交わしたりする。その最終日の11月5日には朴元淳(パク・ウォンスン)ソウル市長と脱北者が対話する予定。

 展示の詳細はソウル都市建築ビエンナーレのホームページ(www.seoulbiennale.org)で確認できる。

 市のカン・メンフン都市再生室長は「平壌の日常を見つめ、平壌を理解できる場」としながら、平壌のさまざまな姿を直接体験する機会にしてほしいと述べた。

mgk1202@yna.co.kr

ホーム ページのトップへ
情報をお寄せください
聯合ニュース日本語版では、イベントの開催告知、取材案内、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報をお待ちしております。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。