Go to Contents Go to Navigation

韓国・済州空港 台風13号接近で6日午後から欠航相次ぐ

記事一覧 2019.09.06 14:25

【済州聯合ニュース】非常に強い台風13号が朝鮮半島方面へ北上している影響で、6日午後から韓国南部・済州島の済州国際空港で航空便の欠航が相次ぐ見通しだ。

台風の影響で済州空港では欠航や遅延が出ている(資料写真)=(聯合ニュース)

 韓国空港公社の済州地域本部によると、現時点で同日午後4時25分以降に済州空港を出発する便のうち、少なくとも11便(国内便9、国際便2)の欠航が決まっている。

 また、済州空港到着便は午後5時以降に到着予定の便のうち、最低14便(国内便12、国際便2)が欠航する。

 済州空港の関係者は、台風の影響で航空便の欠航や遅延が増える可能性があるとし、空港に来る前に航空会社に運航スケジュールを確認してほしいと呼び掛けている。

tnak51@yna.co.kr

キーワード
注目キーワード
スクラップの多い記事
more
more
ホーム ページのトップへ
情報をお寄せください
聯合ニュース日本語版では、イベントの開催告知、取材案内、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報をお待ちしております。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。
お問い合わせ
聯合ニュース日本語版に関する記事やコンテンツ使用などについてのお問い合わせは( japanese@yna.co.kr )へ。 イベントなどの開催告知、取材要請、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報も同メールアドレスで受け付けています。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。