Go to Contents Go to Navigation

「旭日旗連想」の東京パラメダル 選手団長会議で問題提起へ=韓国

記事一覧 2019.09.06 17:16

【ソウル聯合ニュース】韓国の大韓障害者体育会は6日、東京で8日から14日まで開かれる2020年東京パラリンピックの選手団長会議に出席し、旭日旗を連想させる模様が刻まれたパラリンピックのメダル採択などに関して大会組織委員会に是正措置を要請することを決めた。

東京パラリンピックのメダル(大会組織委員会ホームページより)=(聯合ニュース)

 大韓障害者体育会はこの日、「代表団は組織委の福島産食材使用措置と組織委ホームページ内の独島表記問題、旭日旗の競技場への持ち込み容認、旭日旗をかたどったパラリンピックメダル採択など、各種懸案に関して国際パラリンピック委員会(IPC)と組織委に問題提起することを決めた」と明らかにした。

 選手団長会議は、パラリンピック開幕を1年後に控えてIPCと組織委員会が参加国の関係者を招待して分野別の進行状況を共有、議論する総合会議だ。

ynhrm@yna.co.kr

注目キーワード
スクラップの多い記事
more
more
ホーム ページのトップへ
情報をお寄せください
聯合ニュース日本語版では、イベントの開催告知、取材案内、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報をお待ちしております。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。