Go to Contents Go to Navigation

野球U18 韓国が日本に延長サヨナラ=佐々木初登板も1回降板

記事一覧 2019.09.06 22:26

【釜山聯合ニュース】12の国・地域で争う野球のU18(18歳以下)ワールドカップ(W杯)は6日、韓国・釜山で2次リーグが行われ、韓国は日本に延長十回タイブレークの末、5―4でサヨナラ勝ちした。

今大会初登板した佐々木=6日、釜山(聯合ニュース)

 七回表に2点を先制された韓国は八回裏に2点を返し、2―2のまま延長戦に突入した。日本が十回表に2点を奪ったものの、韓国が日本の悪送球と連続四球で同点に追いつき、続く犠飛で決勝点を奪った。

 日本は最速163キロの直球で韓国でも注目を集める佐々木朗希投手が今大会初登板で先発したが、1回を無安打無失点に抑えて降板した。

 2次リーグでは、1次リーグで同組だった進出チームと勝敗を持ち越して順位を争う。通算成績は韓国と日本が2勝2敗で並んだ。

 すでに米国と台湾が3勝1敗としており、韓国は負けると決勝進出の可能性がなくなる大事な一戦だった。

 韓国は7日に米国と対戦する。

八回裏に同点に追いつき喜ぶ韓国ナイン=6日、釜山(聯合ニュース)

ikasumi@yna.co.kr

キーワード
注目キーワード
スクラップの多い記事
more
more
ホーム ページのトップへ
情報をお寄せください
聯合ニュース日本語版では、イベントの開催告知、取材案内、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報をお待ちしております。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。