Go to Contents Go to Navigation

北朝鮮が短距離飛翔体2発発射 330キロ飛行=韓国軍

北朝鮮 2019.09.10 10:19

【ソウル聯合ニュース】韓国軍合同参謀本部は10日、北朝鮮が同日午前6時53分ごろと同7時12分ごろ、平壌北方の平安南道・价川から東に向け未詳の短距離飛翔(ひしょう)体2発を発射したことを確認したと明らかにした。飛翔体の最大飛行距離は330キロという。

最近の北朝鮮による飛翔体発射=(聯合ニュース)

 合同参謀本部は飛翔体について「韓米情報当局が詳しく分析している」として、「現在、軍は追加発射に備え、関連動向を監視しながら対応態勢を維持している」と説明した。

 また、「こうした緊張を高める行為は朝鮮半島の緊張緩和努力に役立たず、即刻中断を再度促す」と強調した。

kimchiboxs@yna.co.kr

ホーム ページのトップへ
情報をお寄せください
聯合ニュース日本語版では、イベントの開催告知、取材案内、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報をお待ちしております。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。