Go to Contents Go to Navigation

韓日の仏教関係者が会合 両国関係改善に向け共同声明発表へ

社会・文化 2019.09.10 20:08

【ソウル聯合ニュース】韓国仏教界の代表団が6~8日に日本を訪問し、日韓仏教交流協議会など日本の仏教界の関係者と会合し、冷え込んだ韓日関係を改善するために努力することで一致した。韓国仏教宗団協議会が10日、伝えた。

韓国仏教界の代表団が6~8日に日本を訪問し、日本の仏教界の関係者と会合した(韓国仏教宗団協議会提供)=(聯合ニュース)≪転載・転用禁止≫

 代表団は7日に日韓仏教交流協議会の藤田隆乗会長などと面談。この席で双方は膠着(こうちゃく)状態にある両国関係を改善するために仏教界が呼び水になるべきとの考えで一致した。また今月20日までに共同声明を発表することを決めた。

 また、日本による植民地時代に強制徴用され、日本で死亡した朝鮮半島出身者の遺骨返還に向け、日本仏教界の代表団が10月15日にソウルで韓国側代表団と初会合を開くことで一致した。

yugiri@yna.co.kr

キーワード
ホーム ページのトップへ
情報をお寄せください
聯合ニュース日本語版では、イベントの開催告知、取材案内、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報をお待ちしております。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。