Go to Contents Go to Navigation

韓国の8月失業率3.0% 前年同月比1.0P改善

経済 2019.09.11 09:33

【世宗聯合ニュース】韓国統計庁が11日発表した雇用動向によると、8月の失業率は3.0%で、前年同月に比べ1.0ポイント改善した。  

求人情報の掲示板を見つめる求職者(資料写真)=(聯合ニュース)

 8月の失業者数は85万8000人で、前年同月比27万5000人減少した。失業者数は8月としては2013年(78万3000人)以来6年ぶりの低水準。減少幅は8年7カ月ぶりの大きさだった。

 一方、8月の就業者数は2735万8000人で前年同月から45万2000人増えた。増加数は昨年7月と8月に1万人を切っていたが、今年2月以降はおおむね20万人台で推移し、8月は一気に40万人を超えて2017年3月(46万3000人)以来の高水準となった。

 統計庁の担当課長は、製造業と卸・小売業、40代で減少幅が縮小したことが就業者数の増加につながったと説明した。

mgk1202@yna.co.kr

キーワード
ホーム ページのトップへ
情報をお寄せください
聯合ニュース日本語版では、イベントの開催告知、取材案内、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報をお待ちしております。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。