Go to Contents Go to Navigation

文大統領が中秋節あいさつ 「国民全員に公平な国望む」

政治 2019.09.11 11:27

【ソウル聯合ニュース】韓国の文在寅(ムン・ジェイン)大統領は秋夕(中秋節、今年は13日)を控えた11日、国民へのあいさつで「満月が母の曲がった背中と小さな窓辺まで世の中を等しく照らすように、国民全員に公平な国になるよう願う」と述べ、「一緒に笑い合える日のために、常に努力する」とした。

文大統領(資料写真)=(聯合ニュース)

 秋夕のあいさつは交流サイト(SNS)で公開された。文大統領は「活力ある経済が互いを豊かにし、公正な社会が互いに信頼を与え、平和な朝鮮半島が互いの手を結ばせる」と語った。また、「私たちは今、共により良く暮らす国を目指して新たな道を進んでいる」としながら、その行く末に秋夕のような日が待っていると確信すると強調した。

 文大統領は2017年の就任初年と昨年の秋夕にも、SNSを通じて国民にメッセージを送っている。

mgk1202@yna.co.kr

キーワード
最新ニュース 政治
more
more
more
ホーム ページのトップへ
情報をお寄せください
聯合ニュース日本語版では、イベントの開催告知、取材案内、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報をお待ちしております。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。