Go to Contents Go to Navigation

東京で韓国食品輸出商談会 総額2億円の契約締結

社会・文化 2019.09.11 11:30

【ソウル聯合ニュース】韓国農林畜産食品部と韓国農水産食品流通公社(aT)は11日、東京で4~5日に韓国食品輸出商談会「K―FOOD FAIR」を開催し、総額187万ドル(約2億円)の対日輸出契約が締結されたと発表した。

商談の様子(韓国農水産食品流通公社提供)=(聯合ニュース)≪転載・転用禁止≫

 糖調唐辛子、高麗人参新芽などの農産物から即席麺、トッポッキ、フルーツジュースなどの加工食品まで幅広い品目を扱う韓国輸出企業47社が参加し、110社ほどの日本のバイヤーや流通業者と輸出商談を行った。

 aT関係者は「最近の厳しい韓日関係においても、韓国農産物・食品の対日輸出実績は安定傾向を保っている」と話している。

tnak51@yna.co.kr

キーワード
ホーム ページのトップへ
情報をお寄せください
聯合ニュース日本語版では、イベントの開催告知、取材案内、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報をお待ちしております。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。