Go to Contents Go to Navigation

韓国 きょうのニュース(9月16日)

記事一覧 2019.09.16 18:00

◇文大統領 米朝対話「積極的に支援」

 韓国の文在寅(ムン・ジェイン)大統領は16日、青瓦台(大統領府)で首席秘書官・補佐官会議を開き、トランプ米大統領との首脳会談によって米朝対話を積極的に支持し、支援する考えを示した。文大統領は「堅固な韓米同盟に基づき、韓米関係を未来志向的に発展させていく方向について虚心坦懐(たんかい)に意見交換し、知恵を集める契機になる」と述べた。文大統領は22~26日に国連総会が開かれる米ニューヨークを訪問してトランプ大統領と会談し、国連総会で演説を行う。

首席秘書官・補佐官会議で発言する文大統領=16日、ソウル(聯合ニュース)

◇石油供給「直ちに支障ない」 サウジ石油施設攻撃で韓国政府

 韓国産業通商資源部は、サウジアラビアの国営石油会社サウジアラムコの石油施設に対する無人機攻撃に関連し、直ちに石油供給に支障が出る状況ではないとの見方を示した。同部の朱泳俊(チュ・ヨンジュン)エネルギー資源室長は、ソウル市内で業界との緊急会議を開き「現在国内の原油輸入は短期的に大きな支障はない見通しだ」とする一方、「事態が長期化すれば供給に支障が出る可能性があり、国際原油価格の短期変動性も大きくなる可能性がある」と述べた。文在寅大統領は、今回の無人機攻撃が韓国国内の石油供給と販売価格などに及ぼす影響を最小化するよう政府に指示した。

◇収監中の朴前大統領が入院 肩手術へ

 在職中に長年の知人と共謀して大企業から多額の賄賂を受け取ったとして収賄罪などに問われ、ソウル拘置所(京畿道義王市)に収監されている前韓国大統領の朴槿恵(パク・クネ)被告が、16日にソウル市内の病院に入院した。法務部によると、同被告は近く肩の手術を受ける予定だ。朴被告は2017年3月31日に逮捕され、ソウル拘置所に収監された。今年4月と今月初めに、頸椎(けいつい)や腰椎のヘルニア症状による痛みを訴えて検察に刑の執行停止を申し立てたが、2回とも認められなかった。2回目の申し立て却下から2日後の11日、法務部は肩の手術のため朴被告の入院を決定した。

注目キーワード
スクラップの多い記事
more
more
ホーム ページのトップへ
情報をお寄せください
聯合ニュース日本語版では、イベントの開催告知、取材案内、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報をお待ちしております。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。