Go to Contents Go to Navigation

韓国で初めてアフリカ豚コレラ発生 ソウル北方の坡州

記事一覧 2019.09.17 09:52

【ソウル聯合ニュース】致死率が極めて高い豚の伝染病、アフリカ豚コレラが韓国で初めて発生した。農林畜産食品部は17日、ソウル北方の京畿道坡州市内の養豚場でアフリカ豚コレラが発生したと発表した。

防疫作業に努めてきた韓国でもアフリカ豚コレラが発生した(コラージュ)=(聯合ニュース)

 アフリカ豚コレラは人には感染しないが、豚やイノシシが感染すれば致死率はほぼ100%で、ワクチンや治療薬はまだない。昨年は中国やベトナム、ミャンマーなどアジアで感染が拡大し、今年5月30日には北朝鮮が発生を国際機関に報告した。

 北朝鮮での発生を受け、韓国政府は全国の養豚場を対象に豚の血液検査を実施するなど防疫に取り組んできた。

mgk1202@yna.co.kr

キーワード
注目キーワード
スクラップの多い記事
more
more
ホーム ページのトップへ
情報をお寄せください
聯合ニュース日本語版では、イベントの開催告知、取材案内、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報をお待ちしております。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。