Go to Contents Go to Navigation

北朝鮮「海保巡視船がEEZに侵入」 日本側に厳重注意と主張

記事一覧 2019.09.17 19:56

【ソウル聯合ニュース】北朝鮮外務省の報道官は17日、「8月23日と24日に日本の海上保安庁の巡視船と船舶がわれわれの排他的経済水域(EEZ)に侵入したため、自衛的な措置により追い出した」と主張した。

2017年に大和堆周辺で北朝鮮の漁船に放水する日本の巡視船=(EPA=聯合ニュース)

 また外交ルートを通じ、EEZへの侵入と北朝鮮漁船の活動に対する妨害行為が再び発生しないように対策を講じるよう日本側に厳重に注意したと明らかにした。

 その上で、「われわれが自らの水域で日本側の船舶を追い出したのは、正々堂々とした主権の行使」と説明した。

 ただ外務省報道官は事件が発生した正確な位置については言及しなかった。

 一方、日本メディアは13日、複数の日本政府関係者の話を引用し、8月23~24日に水産庁や海上保安庁の船舶が日本のEEZ内にある好漁場「大和堆(やまとたい)」の西側で、小銃で武装した北朝鮮の高速艇を発見したと報じた。

 報道によると、当時周辺には北朝鮮漁船と日本漁船が数隻いたため、海上保安庁などは日本側漁船に対し、避難するよう要請したという。

 菅義偉官房長官はこの日の記者会見で、高速艇が北朝鮮関係の船舶である可能性が高いとみて、中国・北京の大使館ルートを通じて厳重抗議したと明らかにした。

yugiri@yna.co.kr

注目キーワード
スクラップの多い記事
more
more
ホーム ページのトップへ
情報をお寄せください
聯合ニュース日本語版では、イベントの開催告知、取材案内、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報をお待ちしております。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。