Go to Contents Go to Navigation

北朝鮮寧辺の原子炉が稼働停止 燃料再装填の可能性=IAEA

記事一覧 2019.09.18 10:32

【ソウル聯合ニュース】国際原子力機関(IAEA)は北朝鮮北西部・寧辺の5メガワット(MW)原子炉が昨年12月初めから稼働していないとしながら、新たな燃料が装填(そうてん)された可能性を指摘した。現在開催中の年次総会に先立ちまとめられた北朝鮮の核問題を巡る報告書の内容が18日、IAEAホームページで確認された。

IAEAは寧辺の原子炉が稼働を停止していると伝えた(イラスト)=(聯合ニュース)

 報告書は昨年8月以降、寧辺核施設一帯の動向を観察してきた結果、「原子炉が稼働を停止した兆候がとらえられた」と記した。8月中旬までは明らかな稼働の兆候が見られていたが、8月末から11月末までは断続的に稼働する動きがあり、12月初め以降は稼働する様子は全くないという。稼働を停止した期間は、使用済み核燃料を取り出して新たな燃料を装填するのに十分な長さだったと指摘した。

 寧辺ではプルトニウムを抽出する再処理工場である放射化学研究所と軽水炉の建設現場も、それぞれ昨年後半を境に特記すべき活動兆候は見られないという。

 ただ、寧辺の核燃料棒製造工場内で遠心分離器のあるウラン濃縮施設が使用された兆候が確認された。軽水炉では、原子炉の部品が製造され、原子炉建屋に搬入する動きも観察されたと伝えた。

 北朝鮮のこうした核関連活動について報告書は「IAEAが報告書をまとめた今年8月以降、一部の核施設は稼働していないとみられる」としながらも、「国連安全保障理事会の対北朝鮮決議に対する明らかな違反で、非常に遺憾だ」と述べた。

mgk1202@yna.co.kr

注目キーワード
スクラップの多い記事
more
more
ホーム ページのトップへ
情報をお寄せください
聯合ニュース日本語版では、イベントの開催告知、取材案内、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報をお待ちしております。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。