Go to Contents Go to Navigation

韓国外相 平沢の在韓米軍基地を20日に初訪問

記事一覧 2019.09.18 11:40

【ソウル聯合ニュース】韓国外交部は18日、同部の康京和(カン・ギョンファ)長官が20日にソウル南方の京畿道・平沢にある在韓米軍の烏山空軍基地と在韓米軍基地のキャンプ・ハンフリーを訪問すると発表した。

康外交部長官(資料写真)=(聯合ニュース)

 康氏はトランプ米大統領が来韓した際に烏山空軍基地を訪ねているが、キャンプ・ハンフリー訪問は初めて。同基地には昨年ソウル・竜山基地から移転した在韓米軍司令部がある。

 同氏は両基地の主要施設を視察した後、韓米の将兵と昼食を兼ねて懇談する予定だ。また、在韓米軍のエイブラムス司令官と会い、堅固な韓米同盟の重要性を再確認し、朝鮮半島の非核化と平和定着に向け韓米間の緊密な連携を強調するとみられる。

 キャンプ・ハンフリーは面積1467万7000平方メートルで、外国にある米軍基地のうち単一基地としては最大規模。

 外交部当局者は「康長官は上半期にキャンプ・ハンフリーを訪ねて将兵たちを激励しようとしたものの日程が合わず、今回訪問することになった。強固な韓米同盟を誇示する契機になると期待する」と述べた。

キャンプ・ハンフリー(資料写真)=(聯合ニュース)

mgk1202@yna.co.kr

キーワード
注目キーワード
スクラップの多い記事
more
more
ホーム ページのトップへ
情報をお寄せください
聯合ニュース日本語版では、イベントの開催告知、取材案内、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報をお待ちしております。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。