Go to Contents Go to Navigation

沖縄南の海上進む熱帯低気圧 台風に発達して韓国接近か

記事一覧 2019.09.18 14:03

【ソウル聯合ニュース】17日にフィリピン東の海上で発生した熱帯低気圧が、18日午前に沖縄南の海上をゆっくり北西に進んでいる。韓国気象庁は18日、「海水温が高い海域を通過することで24時間以内に台風に発達するものと予想する」とし、さらに「太平洋高気圧の張り出しにより北東に進み、韓国に急速に接近するとみられる」と伝えた。

沖縄南の海上にある熱帯低気圧が台風に発達し、韓国に接近する可能性がある=(聯合ニュース)

 予想進路はまだはっきりしない。気象庁は「韓国に接近するとみられるが、九州や大韓海峡(朝鮮半島と九州の間の海峡)を通過するか、それとも朝鮮半島に上陸するかなどは変動幅が大きい」と説明した。台風の影響で22日から23日にかけ、韓国南部と東海岸を中心に大雨となる恐れがあるという。

mgk1202@yna.co.kr

キーワード
注目キーワード
スクラップの多い記事
more
more
ホーム ページのトップへ
情報をお寄せください
聯合ニュース日本語版では、イベントの開催告知、取材案内、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報をお待ちしております。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。