Go to Contents Go to Navigation

今年の韓国経済成長率2.1% 再び下方修正=OECD

経済 2019.09.19 20:09

【世宗聯合ニュース】経済協力開発機構(OECD)は19日に発表した経済見通しで、韓国の今年の経済成長率を前回の5月時点で示した2.4%から2.1%に下方修正した。

OECDは韓国の今年の経済成長率を5月時点で示した2.4%から2.1%に下方修正した(イラスト)=(聯合ニュース)

 昨年11月の2.8%から下方修正が続き、10カ月で0.7ポイント低下した。

 来年の成長率は前回予測を0.2ポイント下回る2.3%と見込んだ。

 OECDは最近の経済政策などが来年の内需増加につながり、来年は今年よりも成長の勢いが増すとの見方を示した。

 今回、韓国の成長率を下方修正したのは、米中貿易摩擦の激化などで世界的に下方リスクが続いているため。

 OECDは、貿易摩擦の深刻化などにより、投資心理の弱まりや不確実性の拡大が予想より長く続いていると評した。

 OECDは今年の世界経済の成長率を前回予測から0.3ポイント引き下げ、2.9%と見通した。

 来年は3.0%で前回予測から0.4ポイント引き下げた。米中貿易摩擦が来年の世界経済の成長率を0.3~0.4ポイント押し下げるとみなした。

 韓国政府は世界的に低成長の流れにある中で、韓国の成長の勢いは相対的に良好な水準と強調した。

 今年4~6月期の韓国の成長率1.0%(前期比)はOECD加盟国のうち4番目に高く、主要20カ国・地域(G20)の中では5番目に高かった。

 韓国政府関係者は「OECDが韓国の19年経済成長率の見通しを0.3ポイント下げたが、これはG20国の見通しの調整幅と同一だ」とし、「来年の場合は、0.2ポイント下方修正されたが、G20の下げ幅(0.4ポイント)の半分程度」と説明した。

yugiri@yna.co.kr

ホーム ページのトップへ
情報をお寄せください
聯合ニュース日本語版では、イベントの開催告知、取材案内、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報をお待ちしております。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。