Go to Contents Go to Navigation

北朝鮮メディア 韓国への非難再開=米朝交渉控え圧力か

記事一覧 2019.09.22 15:39

【ソウル聯合ニュース】非核化を巡る米朝間の実務交渉が近く再開される兆しを見せる中、北朝鮮メディアが自粛していた韓国への非難を再開した。

 朝鮮労働党機関紙、労働新聞は22日、情勢に関する解説で、「南朝鮮(韓国)当局は朝鮮半島の情勢悪化の責任から絶対に逃れられない」と主張した。今月初めに行われた「ソウル安保対話」で、「(北朝鮮と)対話の軌道を維持している」とした李洛淵(イ・ナクヨン)首相の発言や、「北の相次ぐ試射で緊張が高まっている」とした鄭景斗(チョン・ギョンドゥ)国防部長官の発言を取り上げ、「ずうずうしい」と非難した。

北朝鮮の金正恩(キム・ジョンウン)国務委員長(朝鮮労働党委員長)=(聯合ニュースTV)

 対外宣伝メディア「朝鮮のきょう」は、米軍主導の韓米連合軍が持つ有事作戦統制権の韓国軍への移管問題に触れ、「有事作戦統制権が移管されても、南朝鮮(韓国)・米国の連合軍に対する実質的な指揮権は国連軍司令官を兼務する米軍司令官が握ることになる」と主張した。

 北朝鮮メディアはこのところ、2016年に中国の北朝鮮レストランから集団脱北した女性従業員の送還を求める問題を除いて、韓国への批判は控えてきた。

 しかし、米朝交渉の再開を控え、韓国を非難することで、米国に圧力をかける狙いがあるとみられる。

csi@yna.co.kr

キーワード
注目キーワード
スクラップの多い記事
more
more
ホーム ページのトップへ
情報をお寄せください
聯合ニュース日本語版では、イベントの開催告知、取材案内、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報をお待ちしております。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。