Go to Contents Go to Navigation

「北に武力行使せず」 韓米首脳が再確認

政治 2019.09.24 10:17

【ニューヨーク聯合ニュース】韓国の文在寅(ムン・ジェイン)大統領とトランプ米大統領は23日午後(日本時間24日早朝)にニューヨークで行った首脳会談で、北朝鮮に対し武力を行使しないという従来の約束を改めて確認した。

文大統領(左)とトランプ大統領が会談した=23日、ニューヨーク(聯合ニュース)

 韓国青瓦台(大統領府)高官は「両首脳は北が非核化を行う場合、明るい未来を提供するという従来の公約を再確認した」と述べた。昨年6月にシンガポールで行われた初の米朝首脳会談での合意に基づく交渉を行い、朝鮮半島の非核化と平和定着に向けた実質的な進展を成し遂げるというトランプ大統領の意思が強いことを確認したと説明した。

 同高官によると、韓米首脳は会談で、来年以降の在韓米軍の駐留経費負担(思いやり予算)の規模を決める交渉についても協議した。

 文大統領は合理的な水準の公平な経費分担を強調。文政権発足後の国防予算、米国製兵器購入、在韓米軍駐留経費負担が持続的に増加するなど韓米同盟に寄与した韓国政府の努力について詳しく説明した。

 その上で、韓国政府の兵器購入について、過去10年間の状況や向こう3年間の計画を明らかにした。

hjc@yna.co.kr

キーワード
最新ニュース 政治
more
more
more
ホーム ページのトップへ
情報をお寄せください
聯合ニュース日本語版では、イベントの開催告知、取材案内、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報をお待ちしております。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。
お問い合わせ
聯合ニュース日本語版に関する記事やコンテンツ使用などについてのお問い合わせは( japanese@yna.co.kr )へ。 イベントなどの開催告知、取材要請、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報も同メールアドレスで受け付けています。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。