Go to Contents Go to Navigation

「米朝実務交渉2~3週以内に再開、年内に首脳会談の可能性」=韓国情報機関

記事一覧 2019.09.24 12:08

【ソウル聯合ニュース】韓国の情報機関、国家情報院は24日、国会情報委員会の全体会議で、「2~3週間以内に朝米(米朝)実務交渉が再開される可能性が高く、実務交渉で合意があれば年内にも朝米首脳会談が開催される可能性がある」と明らかにした。

徐薫(ソフン)韓国国家情報院長(資料写真)=(聯合ニュース)

 また、北朝鮮の金正恩(キム・ジョンウン)国務委員長(朝鮮労働党委員長)が11月に韓国南部、釜山で開かれる韓国と東南アジア諸国連合(ASEAN)の特別首脳会議に出席する可能性があるとの見方を示した。

csi@yna.co.kr

注目キーワード
スクラップの多い記事
more
more
ホーム ページのトップへ
情報をお寄せください
聯合ニュース日本語版では、イベントの開催告知、取材案内、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報をお待ちしております。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。
お問い合わせ
聯合ニュース日本語版に関する記事やコンテンツ使用などについてのお問い合わせは( japanese@yna.co.kr )へ。 イベントなどの開催告知、取材要請、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報も同メールアドレスで受け付けています。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。