Go to Contents Go to Navigation

韓日経済人会議 ソウルで開幕=「関係修復の必要」

記事一覧 2019.09.24 15:45

【ソウル聯合ニュース】韓国と日本の企業トップらが一堂に会する「韓日・日韓経済人会議」が24日、ソウル市内のホテルで開かれた。25日までで、両国から約300人が出席した。出席者らは両国の対立が深刻化している状況に懸念を示し、経済はもちろん政治・外交分野などでの関係修復が必要との意見を示した。

韓日経済人会議で記念撮影する金氏(中央)や佐々木氏(右から3人目)ら=24日、ソウル(聯合ニュース)

 会議を日本側と共催した韓日経済協会の金ユン(キム・ユン)会長は「両国は宿命的な隣人として互いを深く理解し、世界市場で善意の競争や最大限の協力を通じて共存共生すべきだ」と述べた上で「意思疎通や協力が不可欠だ」と強調した。

 日韓経済協会の佐々木幹夫会長も両国関係の修復が必要との認識を表明。両国の互恵的な経済関係の維持・発展策として▼第三国での協力▼人材・文化交流▼次世代のネットワーク・地域交流活性▼東京五輪・パラリンピック成功への協力――などを提言した。

 韓国産業通商資源部の兪明希(ユ・ミョンヒ)通商交渉本部長(次官級)はあいさつで、「韓国と日本は自由民主主義や市場経済体制という基本的な価値を共有する国として、世界経済の持続可能な成長のため、今後も手を握り合って協力していかねばならない隣人」として、「韓日関係が全般的に困難であっても交流・協力は揺るぎなく継続しなければならない」と述べた。

 25日には共同声明の採択や共同記者会見が行われる予定で、どのような立場が示されるか注目される。

 会議は両国の経済協力の促進などを目的とし、1969年から毎年交互に開かれてきた。今年は当初、5月に開催される予定だったが、両国関係の悪化などで延期していた。湾岸戦争が起きた1991年、東日本大震災が発生した2011年、韓国大統領選があった17年も延期されたが、両国の関係悪化を理由に延期されたのは今回が初めて。

kimchiboxs@yna.co.kr

キーワード
注目キーワード
スクラップの多い記事
more
more
ホーム ページのトップへ
情報をお寄せください
聯合ニュース日本語版では、イベントの開催告知、取材案内、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報をお待ちしております。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。
お問い合わせ
聯合ニュース日本語版に関する記事やコンテンツ使用などについてのお問い合わせは( japanese@yna.co.kr )へ。 イベントなどの開催告知、取材要請、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報も同メールアドレスで受け付けています。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。