Go to Contents Go to Navigation

北朝鮮外務省高官「トランプ氏の英断に期待」 談話発表

記事一覧 2019.09.27 07:19

【ソウル聯合ニュース】かつて北朝鮮の対米外交の主役だった金桂官(キム・ゲグァン)外務省顧問(前第1外務次官)が27日、談話を発表し、トランプ米大統領を高く評価しながら米朝関係改善のための決断を迫った。

金桂官氏(資料写真)=(聯合ニュース)

 金氏は談話でトランプ氏の北朝鮮に対するアプローチ法が過去の米大統領とは異なり大胆な政治的決断力があるとした上で「今後、トランプ大統領の賢明な選択と英断に期待したい」と述べた。

 また史上初の米朝首脳会談が実現したことに触れ、敵対的な米朝関係に終止符を打ち、朝鮮半島に平和と安定をもたらすために両国首脳が政治的意志を鮮明にした歴史的契機になったと評価した。

 その上で金氏は、米国が昨年6月のシンガポールでの米朝首脳会談で署名した共同宣言履行のための措置を取っておらず、韓米合同軍事演習の再開や対北朝鮮制裁の強化により両国関係を後戻りさせていると指摘。「私と外務省は米国の今後の動向を注視している」と述べた。

sarangni@yna.co.kr

注目キーワード
スクラップの多い記事
more
more
ホーム ページのトップへ
情報をお寄せください
聯合ニュース日本語版では、イベントの開催告知、取材案内、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報をお待ちしております。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。
お問い合わせ
聯合ニュース日本語版に関する記事やコンテンツ使用などについてのお問い合わせは( japanese@yna.co.kr )へ。 イベントなどの開催告知、取材要請、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報も同メールアドレスで受け付けています。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。