Go to Contents Go to Navigation

チョ法相が自宅捜索時に検事と電話 介入否定も波紋広がる=韓国

記事一覧 2019.09.27 11:23

【ソウル聯合ニュース】韓国のチョ国(チョ・グク)法務部長官は27日、検察が自宅を家宅捜索した際に現場の検事と電話で話したことについて、「長官として捜索に介入、関与したのではなく、夫として(捜索に立ち会った)妻の健康に配慮してほしいと頼んだものだ」と説明し、「これは人倫の問題だ」と述べた。ソウル郊外の政府庁舎に出勤する際、記者の質問に応じた。

自宅を出て車に乗り込むチョ氏=27日、ソウル(聯合ニュース)

 チョ氏は26日、初めて国会の対政府質疑に臨み、ソウルの自宅が23日に家宅捜索された際に現場を指揮していた検事と電話していたことを認めた。家宅捜索に対していかなる妨害もしていないと釈明したが、検察側はチョ氏が「捜索を迅速に行ってほしいという趣旨の言葉を繰り返した」と明かしている。

 チョ氏を巡っては、子どもの不正入学疑惑や家族の不透明な投資疑惑などが取り沙汰されている。検察を指揮する立場の法務部長官が自身を捜査する検事と電話したことが判明し、波紋が広がっている。

 最大野党の「自由韓国党」と野党第2党の「正しい未来党」は、「職権を乱用した」としてチョ氏に対する弾劾手続きを取る姿勢を示している。

tnak51@yna.co.kr

キーワード
注目キーワード
スクラップの多い記事
more
more
ホーム ページのトップへ
情報をお寄せください
聯合ニュース日本語版では、イベントの開催告知、取材案内、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報をお待ちしております。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。