Go to Contents Go to Navigation

韓国・LSの米子会社 古河電工とEV向け巻線製造の合弁設立へ

記事一覧 2019.09.27 16:55

【ソウル聯合ニュース】韓国のLSグループは27日、米子会社のスーペリア・エセックス(SPSX)が日本電線大手の古河電気工業(東京都千代田区)と電気自動車(EV)向け巻線製造の合弁会社を設立することで合意したと発表した。SPSXは1930年設立の世界最大の巻線製造会社で、2008年にLSが買収した。

LSグループ子会社の米SPSXと古河電気工業が巻線製造の合弁会社設立に合意した(LSグループ提供)=(聯合ニュース)≪転載・転用禁止≫

 巻線は変圧器やモーターなどに巻く被覆銅線で、EV向けは車の駆動モーターなどにコイル形態で巻かれ、電気エネルギーを運動エネルギーに変換する役割を担う。

 新設合弁会社の持ち分比率はSPSXが61%、古河電工が39%。2020年に正式に発足させる予定だ。両社は合弁を通じ、SPSXは古河電工の持つEV向け巻線分野の競争力を、古河電工は内需中心事業からグローバル事業への拡大に向けた生産拠点や営業ネットワークなどを手に入れ、相乗効果を目指す。

tnak51@yna.co.kr

キーワード
注目キーワード
スクラップの多い記事
more
more
ホーム ページのトップへ
情報をお寄せください
聯合ニュース日本語版では、イベントの開催告知、取材案内、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報をお待ちしております。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。
お問い合わせ
聯合ニュース日本語版に関する記事やコンテンツ使用などについてのお問い合わせは( japanese@yna.co.kr )へ。 イベントなどの開催告知、取材要請、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報も同メールアドレスで受け付けています。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。