Go to Contents Go to Navigation

文大統領がつかの間の休息 きょう午後休暇=週末を使って構想

記事一覧 2019.09.27 19:28

【ソウル聯合ニュース】韓国の文在寅(ムン・ジェイン)大統領が27日午後に年次休暇を取った。終末まで休息を取りながら、政策構想を進めるものとみられる。

9月10日にソウル市内の韓国科学技術研究院(KIST)で閣議を行った文大統領=(聯合ニュース)

 特にこの日は、チョ国(チョ・グク)法務部長官の自宅を検察が家宅捜索したことなどと関連し、青瓦台(大統領府)の高ミン廷(コ・ミンジョン)報道官が文大統領の事実上の警告メッセージを伝達しただけに、文大統領はチョ氏を巡る政局への対応策や検察改革案などについて、構想を練るものとみられる。

 文大統領は国連総会に出席するため22~26日の日程で米ニューヨークを訪問し、帰国した翌日の27日午前にはブルガリアのボリソフ首相と会談するなどの多忙な日程を消化したため、蓄積した疲労を解消する目的もあるものとみられる。

yugiri@yna.co.kr

キーワード
注目キーワード
スクラップの多い記事
more
more
ホーム ページのトップへ
情報をお寄せください
聯合ニュース日本語版では、イベントの開催告知、取材案内、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報をお待ちしております。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。
お問い合わせ
聯合ニュース日本語版に関する記事やコンテンツ使用などについてのお問い合わせは( japanese@yna.co.kr )へ。 イベントなどの開催告知、取材要請、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報も同メールアドレスで受け付けています。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。