Go to Contents Go to Navigation

サムスン電子 KDDIに5G用設備を供給へ 

記事一覧 2019.09.30 17:08

【ソウル聯合ニュース】韓国・サムスン電子が日本携帯大手のKDDIに次世代通信規格「5G」用の設備を供給することが30日、業界関係者などの話で明らかになった。

KDDIが設置した最初の5G用基地局(同社HPより)=(聯合ニュース)

 関係者などによると、KDDIは2023年までに日本全域に約5万3626カ所の5G用基地局を整備することを決め、サムスン電子やフィンランドのノキア、スウェーデンのエリクソンを5Gの設備供給会社に選定した。サムスン電子は主に東京都心部に設備を供給するという。

 サムスン電子が供給する設備の規模は5年間で20億ドル(約2155億円)に達するとみられるが、同社は詳細な契約内容については明らかにできないとしている。

 サムスン電子は韓国国内の携帯会社や米ベライゾンなどにも5G用設備を供給している。 

 サムスングループの事実上の経営トップ、李在鎔(イ・ジェヨン)サムスン電子副会長は5月に訪日し、携帯大手のNTTドコモ、KDDIの経営陣と5Gを巡って意見交換した。

yugiri@yna.co.kr

注目キーワード
スクラップの多い記事
more
more
ホーム ページのトップへ
情報をお寄せください
聯合ニュース日本語版では、イベントの開催告知、取材案内、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報をお待ちしております。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。
お問い合わせ
聯合ニュース日本語版に関する記事やコンテンツ使用などについてのお問い合わせは( japanese@yna.co.kr )へ。 イベントなどの開催告知、取材要請、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報も同メールアドレスで受け付けています。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。