Go to Contents Go to Navigation

韓国軍がステルス戦闘機「F35A」初公開 「国軍の日」記念式で 

記事一覧 2019.10.01 11:55

【ソウル聯合ニュース】韓国空軍は1日午前に開かれた「国軍の日」記念式で、米国製最新鋭ステルス戦闘機「F35A」を初めて一般公開した。

記念式会場に展示されたF35A=(聯合ニュース)

 この日公開されたF35Aは計4機で、このうち3機は国軍の日記念式が開かれた南東部・大邱の空軍基地上空で行われた行事に参加した。

 もう1機は陸・海・空軍の各種装備とともに記念式会場に展示され、軍の統帥権者である文在寅(ムン・ジェイン)大統領も観閲した。

 F35Aは、これまで離着陸する様子を捉えた写真などが一部メディアで公開されたことはあるが、韓国軍の公式行事に参加したのは今回が初めて。

 レーダーに探知されにくいステルス機能を持つ第5世代の戦闘機であるF35Aは、最大速度マッハ1.8(音速の1.8倍)、作戦行動半径1093キロで、空対空ミサイルや精密誘導爆弾(JDAM)、小直径爆弾(SDB)などを搭載している。

 他の追随を許さないステルス機能で、敵地の核やミサイル施設、戦争指揮施設などの主な標的に致命的な打撃を加えることができる能力を備えている。1機当たりの価格は約1190億ウォン(約107億円)とされる。

上空を飛行するF35A(資料写真、防衛事業庁提供)=(聯合ニュース)≪転載・転用禁止≫

 F35Aは3月末に2機が韓国に初到着。これまでに計8機が引き渡され、年末までに13機が導入される。

 2021年までに計40機が戦力化される予定で、総額7兆4000億ウォンの予算が投入された。軍当局はF35Aを新たに20機導入することも検討している。

 現在訓練中のF35Aは、早ければ年末までに実戦配備される見通しだ。

空軍が初めて導入したF35A(資料写真、防衛事業庁提供)=(聯合ニュース)≪転載・転用禁止≫

ynhrm@yna.co.kr

キーワード
注目キーワード
スクラップの多い記事
more
more
ホーム ページのトップへ
情報をお寄せください
聯合ニュース日本語版では、イベントの開催告知、取材案内、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報をお待ちしております。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。
お問い合わせ
聯合ニュース日本語版に関する記事やコンテンツ使用などについてのお問い合わせは( japanese@yna.co.kr )へ。 イベントなどの開催告知、取材要請、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報も同メールアドレスで受け付けています。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。