Go to Contents Go to Navigation

金正恩氏の訪中 今月初旬の可能性はなしか

記事一覧 2019.10.01 17:21

【ソウル聯合ニュース】北朝鮮の金正恩(キム・ジョンウン)国務委員長(朝鮮労働党委員長)が中朝国交樹立70年の記念日となる6日前後に訪中する可能性があるとの見方が出ているが、関連動向は確認されていないようだ。韓国の外交部当局者は1日、記者団に対し、「状況を注視している」と述べた。

金委員長(左)と習主席(コラージュ)=(聯合ニュース)

 韓国の外交当局は金委員長が急きょ訪中する可能性もあるが、近いうちに訪中する可能性は低いと判断しているようだ。

 中国から外交ルートを通じ、関連動向について説明を受けたためとみられる。韓国の康京和(カン・ギョンファ)外交部長官が先月25日(米東部時間)、ニューヨークで中国の王毅外相と会談した際、議論が行われた可能性が高い。

 韓国情報機関の国家情報院(国情院)は先月24日、国会情報委員会で、金委員長が10月6日前後に訪中する可能性があると報告していた。

 だが、外交消息筋は「国情院の報告は可能性のレベルだったようだ」として、「当初から金委員長が訪中する計画はなかった可能性が高い」と述べた。

kimchiboxs@yna.co.kr

キーワード
注目キーワード
スクラップの多い記事
more
more
ホーム ページのトップへ
情報をお寄せください
聯合ニュース日本語版では、イベントの開催告知、取材案内、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報をお待ちしております。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。
お問い合わせ
聯合ニュース日本語版に関する記事やコンテンツ使用などについてのお問い合わせは( japanese@yna.co.kr )へ。 イベントなどの開催告知、取材要請、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報も同メールアドレスで受け付けています。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。