Go to Contents Go to Navigation

独島領有権主張の日本防衛白書 韓国政府系シンクタンクが批判声明

記事一覧 2019.10.02 16:09

【ソウル聯合ニュース】韓国政府系シンクタンク「東北アジア歴史財団」は2日、日本政府が2019年版防衛白書で独島の領有権を主張したことに対し、「厳重に抗議する」として、「こうした無謀な試みは韓日関係を悪化させ、地域の平和を阻害する行為であることに気付き、即刻中止すべきだ」と批判する声明を出した。

独島と日本の防衛白書(コラージュ)=(聯合ニュース)

 声明は「独島の領空侵犯時の日本側の対応に関する記述を大幅に増やした」として、「日本政府は自分の過ちを認めるどころか、むしろ退行している」と主張。日本の植民地時代に行われた強制動員の問題や旧日本軍慰安婦問題などで退行的な姿勢を見せているとし、「こうした態度は両国が対立を超え、未来に向かうことに全く役立たない」と指摘した。

 その上で、「日本は歴史の実体から目をそらさず、ありのまま受け入れるべきだ」と求めた。

kimchiboxs@yna.co.kr

キーワード
注目キーワード
スクラップの多い記事
more
more
ホーム ページのトップへ
情報をお寄せください
聯合ニュース日本語版では、イベントの開催告知、取材案内、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報をお待ちしております。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。