Go to Contents Go to Navigation

韓国航空会社が日本に支払った上空通過料 4年半で190億円

記事一覧 2019.10.02 17:47

【ソウル聯合ニュース】韓国の航空会社9社が2015年から今年6月までに日本に支払った上空通過料が2126億ウォン(現在のレートで約190億円)に上ることが2日、分かった。国会国土交通委員会所属の尹昊重(ユン・ホジュン)議員(与党・共に民主党)が、国土交通部の資料を分析した結果を明らかにした。

尹昊重議員(資料写真)=(聯合ニュース)

 同じ期間に日本の航空会社が韓国に支払った上空通過料は82億2000万ウォンだった。

 今年1~6月に日本領空を通過した韓国の航空機は8万5489便(上空通過料312億ウォン)に達するが、韓国領空を通過した日本の航空機は6731便(同10億6000万ウォン)にとどまった。

 上空通過料は自国の領空を通過する外国の航空機から徴収する。尹議員は韓国航空会社の通過料が多い理由について、2010年3月に起きた北朝鮮による海軍哨戒艦「天安」撃沈事件を受けて韓国政府が同年5月から実施している北朝鮮への独自制裁により、北朝鮮の領空通過が禁止され、米国などに向かう際は日本上空を通過する迂回(うかい)航路を利用しているためだと説明した。

 また、北朝鮮航路を利用すればコスト削減や飛行時間短縮が可能になるため、日本航路に依存している現在の状況から脱することができるよう航空分野の南北協力に向けた準備にも万全を期す必要があると指摘した。

hjc@yna.co.kr

キーワード
注目キーワード
スクラップの多い記事
more
more
ホーム ページのトップへ
情報をお寄せください
聯合ニュース日本語版では、イベントの開催告知、取材案内、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報をお待ちしております。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。