Go to Contents Go to Navigation

9月の日本車販売6割減 不買運動影響さらに拡大

韓日関係 2019.10.04 11:44

【ソウル聯合ニュース】韓国輸入自動車協会(KAIDA)が4日発表した統計資料によると、韓国で9月に新規登録された日本ブランドの乗用車は1103台で、前年同月(2744台)に比べ59.8%減少した。

日本製品の不買運動を宣言するパフォーマンスで破壊された日本車=(聯合ニュース)

 日本製品の不買運動が始まった7月(2674台)は17.2%減だったが、8月(1398台)には56.9%まで減少幅が拡大し、9月も同様の傾向が続いた。

 今年1~8月の累計は前年同期比6.1%減の2万8657台。先月、累計がマイナスに転じた後、減少幅がさらに拡大した。日本車の販売は2014年以降、年間ベースでは増加が続いてきた。

 日本車が輸入車全体に占める割合も、9月は前年同月(15.9%)の約3分の1の5.5%まで落ち込んだ。

 ただ、今年1~9月の累計で見ると日本車の割合は17.2%で、なお前年同期(15.5%)を上回る。上半期の輸入車市場でドイツ車などの不振をよそに日本車が成長を続けていたためだ。

 9月のブランド別の日本車販売台数は、レクサス(トヨタ自動車)が469台で前年同月比49.8%増加した。

 レクサスの関係者は「昨年は10月の新車発売を前に9月に買い控えがあった」と説明した。

 レクサスの販売台数は前月(603台)比では22.2%減少した。主力車種のES300hの販売順位は7月の3位から8月には10位に下がり、9月は圏外に転落した。

 他のブランドはさらに打撃が大きく、トヨタは374台で前年同月比61.9%減、ホンダは166台で82.2%減、インフィニティ(日産自動車)は48台で69.2%減、日産は46台で87.2%減だった。

ynhrm@yna.co.kr

キーワード
最新ニュース 韓日関係
more
more
more
ホーム ページのトップへ
情報をお寄せください
聯合ニュース日本語版では、イベントの開催告知、取材案内、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報をお待ちしております。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。