Go to Contents Go to Navigation

韓国国防部「非武装地帯で防疫作業」 北に通知=豚コレラ対策

記事一覧 2019.10.04 17:36

【ソウル聯合ニュース】韓国国防部は4日、致死率が極めて高い豚の伝染病、アフリカ豚コレラが発生した南北軍事境界線に近い京畿道漣川郡の中部一帯の非武装地帯(DMZ)に同日からヘリコプターを投入し約7日間にわたり防疫作業を実施する計画だと発表した。

京畿道漣川郡のDMZで2日に死んだ状態で見つかった野生のイノシシが、アフリカ豚コレラに感染していたことが確認された=(聯合ニュースTV)

 防疫作業は感染拡大を防ぐための措置。同郡のDMZ内では2日に死んだ状態で見つかった野生のイノシシがアフリカ豚コレラに感染していたことが確認された。

 ヘリコプターによる防疫は国連軍司令部との協議を経て行われる。北朝鮮側にも通知した。

hjc@yna.co.kr

キーワード
注目キーワード
スクラップの多い記事
more
more
ホーム ページのトップへ
情報をお寄せください
聯合ニュース日本語版では、イベントの開催告知、取材案内、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報をお待ちしております。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。
お問い合わせ
聯合ニュース日本語版に関する記事やコンテンツ使用などについてのお問い合わせは( japanese@yna.co.kr )へ。 イベントなどの開催告知、取材要請、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報も同メールアドレスで受け付けています。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。