Go to Contents Go to Navigation

米「良い議論できた」 「決裂」との北朝鮮主張に反論

北朝鮮 2019.10.06 11:33

【ワシントン聯合ニュース】米朝が約7カ月ぶりに再開した非核化を巡る実務協議について、北朝鮮が「決裂した」と発表したことに対し、米国務省のオルタガス報道官は声明で「米国は創意的なアイデアを持ってきて、良い議論ができた」と表明した。また、北朝鮮の発表は「8時間半に及んだ議論の内容を反映していない」と反論した。

北朝鮮首席代表の金明吉外務省巡回大使は協議終了後に声明を発表し、協議が決裂したと表明した(共同取材団)=5日、ストックホルム(聯合ニュース)

 米国は2週間以内に実務協議を再開するというスウェーデン政府の提案に同意し、北朝鮮にも受け入れるよう提案したという。

 スウェーデンのストックホルムで5日に行った米朝実務協議の終了後、北朝鮮首席代表の金明吉(キム・ミョンギル)外務省巡回大使は声明を発表し、協議が決裂したと表明した。金氏は「米国はこれまで柔軟なアプローチと新しい方法、創造的な解決策を示唆して期待を高めたが手ぶらで現れ、われわれを大きく失望させ、交渉の意欲を下げた」と非難した。

ikasumi@yna.co.kr

キーワード
最新ニュース 北朝鮮
more
more
more
ホーム ページのトップへ
情報をお寄せください
聯合ニュース日本語版では、イベントの開催告知、取材案内、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報をお待ちしております。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。