Go to Contents Go to Navigation

韓国で「ディスプレー」記念式 日本の輸出規制乗り越え素材国産化へ

IT・科学 2019.10.07 11:57

【ソウル聯合ニュース】韓国産業通商資源部と韓国ディスプレー産業協会、韓国情報ディスプレー学会は7日、「ディスプレーの日」の記念式典をソウル市内で開催した。ディスプレー分野の産学関係者ら約300人の出席者は、日本による半導体とディスプレー材料3品目の対韓輸出規制強化に対抗して韓国業界の素材国産化を加速し、ディスプレーの世界市場で主導権を維持していこうと、決意を新たにした。

IT機器などへの応用が期待される新たなディスプレー(LGディスプレー提供)=(聯合ニュース)《転載・転用禁止》

 ディスプレーの日は、韓国の年間のパネル輸出が2006年10月に100億ドル(現在のレートで約1兆700億円)を超えたことを記念したもの。

 この日の記念式典では、日本の輸出規制強化による供給網への不安や大規模投資を通じた競合国の追い上げなどで韓国のディスプレー産業を取り巻く環境が厳しさを増す中でも、困難を乗り越えて世界市場で主導権を守るとの決意を確かめ合った。同産業の競争力強化と素材・部品・装備(装置や設備)国産化などに取り組む功労者も褒賞された。

 産業通商資源部の関係者は「米中貿易摩擦や日本の輸出規制強化に伴いグローバル供給網の不確実性が増大する一方、フォルダブル(折り畳み)、ローラブル(巻き取り)など革新的なフォームファクター登場というチャンスもある。徹底して将来に備えなければならない」と呼び掛けた。

mgk1202@yna.co.kr

最新ニュース IT・科学
more
more
more
ホーム ページのトップへ
情報をお寄せください
聯合ニュース日本語版では、イベントの開催告知、取材案内、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報をお待ちしております。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。