Go to Contents Go to Navigation

韓国ユニクロ 台風18号被災地に義援金・衣料品寄付

記事一覧 2019.10.07 11:19

【ソウル聯合ニュース】カジュアル衣料品店ユニクロの韓国運営会社、エフアールエルコリアは7日、台風18号の被災地復旧のため、救援団体の「希望ブリッジ全国災害救護協会」に義援金1億ウォン(約890万円)と自社の保温衣料「ヒートテック」3000着を寄付したと明らかにした。

ユニクロのロゴ(エフアールエルコリア提供)=(聯合ニュース)≪転載・転用禁止≫

 義援金は迅速な復旧や被災者の救護などに使われる予定だ。

 エフアールエルコリアのペ・ウジン社長は「被害に遭われた全ての方に心からお見舞い申し上げる。皆の関心と支援で速やかに復旧が行われるよう願う」と述べた。

ynhrm@yna.co.kr

注目キーワード
スクラップの多い記事
more
more
ホーム ページのトップへ
情報をお寄せください
聯合ニュース日本語版では、イベントの開催告知、取材案内、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報をお待ちしております。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。