Go to Contents Go to Navigation

性的暴行で起訴のカン・ジファン 非公開で公判実施=被害者に配慮

記事一覧 2019.10.07 16:52

【城南聯合ニュース】女性2人に対し性的暴行とわいせつ行為をした罪で起訴された韓国の俳優、カン・ジファン被告(42)の2回目の公判が7日、水原地裁城南支部で開かれ、地裁は裁判を非公開で行うことを決めた。

カン・ジファン被告(資料写真)=(聯合ニュース)

 カン被告の弁護士は「(弁論に必要な犯行現場の)防犯カメラの映像は被害者のプライバシーに直結する部分だ」として非公開での弁論を要請し、検察もこれに同意した。

 地裁は傍聴人を全員退廷させた後、この日の裁判を行った。

 これに先立ち、カン被告の弁護士は先月2日に開かれた初公判で、被告は起訴事実を大筋で認めているとした上で、事件当時の記憶がないと強調した。

 カン被告は7月9日、ソウル近郊の京畿道広州市にある自宅で自身の撮影を手伝う外注スタッフの女性2人と酒を飲んだ後、2人が寝ていた部屋に入り、1人に性的暴行を加え、もう1人にわいせつな行為をした疑いで逮捕され、同月25日に起訴された。

ynhrm@yna.co.kr

キーワード
注目キーワード
スクラップの多い記事
more
more
ホーム ページのトップへ
情報をお寄せください
聯合ニュース日本語版では、イベントの開催告知、取材案内、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報をお待ちしております。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。
お問い合わせ
聯合ニュース日本語版に関する記事やコンテンツ使用などについてのお問い合わせは( japanese@yna.co.kr )へ。 イベントなどの開催告知、取材要請、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報も同メールアドレスで受け付けています。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。