Go to Contents Go to Navigation

韓国国会が6日目の国政監査 法相疑惑で攻防継続へ

政治 2019.10.08 08:45

【ソウル聯合ニュース】韓国国会は8日、政務委員会や法制司法委員会、国防委員会など13の常任委員会が政府機関などを対象に国政監査を実施する。今年の国政監査は10月2日から21日までで、国会常任委員会別に行う。

国会政務委員会(資料写真)=(聯合ニュース)

 政務委員会による金融監督院の監査では、チョ国(チョ・グク)法務部長官の親族による不透明な私募ファンド運用疑惑を巡り与野党の攻防が繰り広げられそうだ。

 大田高裁と大田高検を対象にする法制司法委員会の監査でも、検察当局のチョ氏親族への捜査を巡って与野党が鋭く対立するとみられる。

 国防委員会による軍合同参謀本部の監査では北朝鮮の潜水艦発射弾道ミサイル(SLBM)発射への対応などが争点になる見通しだ。

 企画財政委員会による韓国銀行(中央銀行)への監査では通貨政策などが、環境労働委員会では最低賃金の引き上げなど文在寅(ムン・ジェイン)政権の所得主導成長政策などが争点になるとみられる。

kimchiboxs@yna.co.kr

キーワード
最新ニュース 政治
more
more
more
ホーム ページのトップへ
情報をお寄せください
聯合ニュース日本語版では、イベントの開催告知、取材案内、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報をお待ちしております。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。