Go to Contents Go to Navigation

日本巡視船の独島周辺での活動 昨年は100回に増加=韓国議員 

韓日関係 2019.10.10 11:30

【ソウル聯合ニュース】韓国国会国防委員会に所属する都鍾煥(ト・ジョンファン)議員(与党・共に民主党)は10日、海軍本部に対する国政監査の質疑資料で、「独島周辺で、日本海上保安庁の巡視船の活動が2016年の90回から18年には約100回に増加した」と指摘した。朝鮮半島近海でも日本海上自衛隊の艦艇の活動が16年の2回から17年に18回、18年は37回に増えたという。

独島周辺に現れた日本の巡視船(資料写真)=(聯合ニュース)

 また、中国の軍艦も朝鮮半島周辺での活動が18年には約280回と2年間で2倍以上に増えたとしながら、中国のイージス艦拡充計画に言及した。

 都氏は「海洋での周辺国の脅威が日に日に増している」と懸念を表明。韓国海軍に総合的な対策作りを求めた。

mgk1202@yna.co.kr

キーワード
最新ニュース 韓日関係
more
more
more
ホーム ページのトップへ
情報をお寄せください
聯合ニュース日本語版では、イベントの開催告知、取材案内、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報をお待ちしております。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。