Go to Contents Go to Navigation

ネイバー子会社の業務プラットフォーム 日本のグッドデザイン賞受賞

IT・科学 2019.10.10 16:43

【ソウル聯合ニュース】韓国IT大手NAVER(ネイバー)の子会社、ワークスモバイルは10日、自社の企業用業務プラットフォーム「LINE WORKS」が日本デザイン振興会主催の「2019年度グッドデザイン賞」を受賞したと明らかにした。

「LINE WORKS」の画面(ワークスモバイル提供)=(聯合ニュース)≪転載・転用禁止≫

 1957年の同賞開始以来、業務チャット部門のプラットフォームが受賞するのは初めてだという。 

 同社によると、審査委員は「LINE WORKSはLINEのブランドイメージを上手に活用しながら、業務用プラットフォームの新しいイメージをつくり上げている」と評価したという。

 LINE WORKSは今年2月にドイツの国際的デザイン賞「iFデザインアワード2019」を受賞した。

ynhrm@yna.co.kr

ホーム ページのトップへ
情報をお寄せください
聯合ニュース日本語版では、イベントの開催告知、取材案内、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報をお待ちしております。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。