Go to Contents Go to Navigation

日本製品のメディア広告費が急減 不買運動のあおりで=韓国

韓日関係 2019.10.10 16:58

【ソウル聯合ニュース】日本による対韓輸出規制強化を受け、韓国で日本製品の不買運動や旅行自粛のムードが続くなか、韓国での日本製品の広告費も急減したことが10日、分かった。

日本ブランドのビールや自動車などが不買運動の打撃を受けている(コラージュ)=(聯合ニュース)

 メディアマネジメント専門企業「メディアオーディットコリア」によると、日本政府が7月上旬に半導体・ディスプレー材料3品目の輸出規制を強化して以降の日本の主な広告主による韓国4大メディア(テレビ、ラジオ、新聞、雑誌)への広告費支出の推移を分析した結果、7~8月の支出額はおよそ71億8300万ウォン(約6億4500万円)で前年同期比76%減少した。

 業種別では、夏の需要期だったビールはアサヒビール、キリンビール、サッポロビールなどの購入を控える動きが広がり、広告費支出が前年同期比91%急減。自動車もホンダが広告を事実上取りやめ、トヨタ自動車も支出を大幅に減らしたことから日本ブランドの広告費は93%の大幅減となった。衣類は86%、飲料は58%、それぞれ減少し、化粧品と玩具類の広告費も90%以上減った。

 メディアオーディットコリアは報告書で、「事実上、全ての業種で日本製品の広告費が減ったことが判明し、この夏の日本製品不買運動の熱気を実感させた」と説明した。

tnak51@yna.co.kr

キーワード
ホーム ページのトップへ
情報をお寄せください
聯合ニュース日本語版では、イベントの開催告知、取材案内、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報をお待ちしております。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。