Go to Contents Go to Navigation

29年ぶりの平壌遠征 W杯韓国代表が経由地・北京を出発

記事一覧 2019.10.14 14:15

【北京聯合ニュース】北朝鮮・平壌で15日に行われる2022年サッカーワールドカップ(W杯)カタール大会アジア2次予選の北朝鮮戦に臨む韓国代表が14日、経由地の中国・北京国際空港から平壌に向けて出発した。

平壌に向けて北京国際空港を出発する韓国代表のエース孫興民(ソン・フンミン)=14日、北京(聯合ニュース)

 韓国代表は15日午後5時半から、平壌の金日成競技場でW杯2次予選の第3戦、北朝鮮戦に臨む。

 韓国のサッカー男子代表の平壌遠征は1990年10月の親善試合以来、29年ぶりとなる。ただ、選手やサッカー協会関係者以外は招待状を受け取れず、韓国側は報道陣や応援団を派遣できない異例の状況となっている。

 韓国代表のDFキム・ミンジェは空港で受けたインタビューで、テレビ中継が行われず、韓国側の応援団もいないことについて、「経験だと思ってやる」と語った。

kimchiboxs@yna.co.kr

注目キーワード
スクラップの多い記事
more
more
ホーム ページのトップへ
情報をお寄せください
聯合ニュース日本語版では、イベントの開催告知、取材案内、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報をお待ちしております。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。
お問い合わせ
聯合ニュース日本語版に関する記事やコンテンツ使用などについてのお問い合わせは( japanese@yna.co.kr )へ。 イベントなどの開催告知、取材要請、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報も同メールアドレスで受け付けています。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。