Go to Contents Go to Navigation

韓国サッカー協会トップ 平壌で女子W杯南北共同招致を議論

北朝鮮 2019.10.16 21:54

【ソウル聯合ニュース】大韓サッカー協会の鄭夢奎(チョン・モンギュ)会長は16日、2022年ワールドカップ(W杯)カタール大会アジア2次予選の韓国―北朝鮮戦のため訪問した平壌で15日に北朝鮮、国際サッカー連盟(FIFA)との3者で23年女子W杯の南北共同招致について話し合ったと伝えた。

鄭夢奎会長(右)、FIFAのインファンティノ会長(中央)、北朝鮮サッカー協会の金将山事務総長(大韓サッカー協会提供)=(聯合ニュース)《転載・転用禁止》

 鄭会長は、韓国―北朝鮮戦のあった平壌の金日成競技場でFIFAのインファンティノ会長、北朝鮮サッカー協会の金将山(キム・ジャンサン)事務総長(副体育相)と女子W杯の南北共同招致について意見交換したという。

 インファンティノ会長は今年2月、23年女子W杯の南北共催を提案。これに賛同した大韓サッカー協会は招致意思を表明する書類を提出するなど手続きを進めてきた。

 鄭会長は訪朝前、「女子W杯の合同招致の競争力は高い」と話していた。北朝鮮側の出方が鍵になる。

sarangni@yna.co.kr

ホーム ページのトップへ
情報をお寄せください
聯合ニュース日本語版では、イベントの開催告知、取材案内、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報をお待ちしております。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。