Go to Contents Go to Navigation

韓国副首相 李洛淵・安倍首相の面会が「進展図る重要な契機」

記事一覧 2019.10.20 17:13

【ワシントン聯合ニュース】訪米中の韓国の洪楠基(ホン・ナムギ)経済副首相兼企画財政部長官は19日(現地時間)、ワシントンで開かれた記者団との懇談会で、李洛淵(イ・ナクヨン)首相が天皇が即位を国内外に宣言する「即位礼正殿の儀」に出席するため訪日し、安倍晋三首相と面会することについて「(両国の対立解消に向けた)重要なモメンタム(勢い)になる」との認識を示した。

記者団との懇談会を行う洪氏=19日、ワシントン(聯合ニュース)

 また、「年内にこの問題が終了し、不確実性が解消されるべきだと考えている」と表明。「対話による解決のため、政府も努力している」とした上で、外交部や産業通商資源部などが日本と水面下で接触していると明らかにした。

 韓国が日本の輸出規制強化を世界貿易機関(WTO)に提訴したことに関しては、「提訴によるパネル設置前に慣例上、両当事者が一回会合を開くが、今回はもう一回会う。公表が難しいもの(接触)もある」と述べた。

 その上で、「実務接触は限界がある。これは決断が必要な問題で、李首相の訪日が議論の進展を図る重要な契機ではないかと思う」との考えを示した。

kimchiboxs@yna.co.kr

キーワード
注目キーワード
スクラップの多い記事
more
more
ホーム ページのトップへ
情報をお寄せください
聯合ニュース日本語版では、イベントの開催告知、取材案内、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報をお待ちしております。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。
お問い合わせ
聯合ニュース日本語版に関する記事やコンテンツ使用などについてのお問い合わせは( japanese@yna.co.kr )へ。 イベントなどの開催告知、取材要請、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報も同メールアドレスで受け付けています。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。