Go to Contents Go to Navigation

ロシア軍機6機が防空識別圏進入 戦闘機10機緊急発進=韓国軍

政治 2019.10.22 17:45

【ソウル聯合ニュース】ロシアの軍用機6機が22日午前、韓国防空識別圏(KADIZ)に入り、韓国空軍の戦闘機10機が緊急発進した。韓国軍合同参謀本部が発表した。

ロシアのTU142哨戒機(資料写真)=(タス通信=聯合ニュース)

 KADIZに入ったロシア軍機は早期警戒管制機A50が1機、SU27戦闘機が3機、TU95爆撃機が2機だった。

 ロシア軍機がKADIZ内に入っていた時間は計約3時間で、爆撃機2機は約2時間10分間、KADIZ全域を飛行した。ただ、韓国の領空は侵犯しなかった。

 韓国軍はロシア軍機がKADIZに接近したことを受け、主力戦闘機のF15KやKF16など10機を緊急発進させ、警告通信を送った。

 合同参謀本部は「ロシア軍機がこの日、KADIZに進入した回数は合計4回」とし、今年全体では計20回と説明した。

 韓国国防部はロシア側に電話で強く抗議し、再発防止を求めたという。

yugiri@yna.co.kr

ホーム ページのトップへ
情報をお寄せください
聯合ニュース日本語版では、イベントの開催告知、取材案内、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報をお待ちしております。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。